テレビ(地デジ)のこれから

インターネットのコンテンツが多様化して行く中で、テレビのコンテンツはお世辞にも多様化しているとは言えない状況です。そもそも、テレビ放送という枠内における限界もありますが、それでも多くの人を引き付ける様々なサービスなどに比べると変化が乏しく、進歩している面も少ないと言えます。
 
テレビに時間を掛けるユーザーがすくなくなるのも、それが原因と言えます。放送の画質がどれだけ向上しても、それによって伝えられる情報に革新的な何かが見られないのであれば、そういった変化は逃れられない宿命とも言えるでしょう。しかし、テレビには『面白いもの・楽しいものを伝える』という役割の他にも、もっと大切な役割があります。それが『国の(世界の)日常を伝える』という点です。
 
ニュースなどによって伝えられる情報は、今この国で何が起こっているのか、世界でどのような出来事が起こっているのか、それが私達の生活にどのような影響を与えるのか、という点を伝える非常に重要な役割があります。また、緊急時にどのような対応をすればよいのか、状況はどのようになっているのか、という点をいち早く映像で伝えるのもテレビです。テレビの「これから」は、そういったコンテンツがどのように配信されていくか、という点も重要です。

アンテナ工事の依頼?

アナログ放送から地上デジタル放送へ変わりましたが、単にテレビを新しくしただけでは見られません。先ほど挙げたように、工事を行う必要があります。アンテナを地上デジタル放送が受信できるものに替える必要があるのです。本来、それらの工事はテレビを買い替えた時など、家電量販店で依頼することも可能です。
 
そのほかの方法としては、アンテナ工事の業者に依頼する方法や、可能であれば自分で工事を行うという方法もあります。一番手っ取り早いのは、テレビを買い替えた時に依頼する方法でしょう。ただし、店によってはかなり高額な工事費となってしまうことがあります。それを行わなければテレビが見られないのですから、行うしかないと思うかもしれませんが、地元の業者で信頼できる業者があるなら、そこに工事を依頼することによって、工事費を抑えることができるかもしれません。ただし、これは確実に信頼できる業者に依頼しましょう。この手法を用いた詐欺行為も実際にありましたので、業者選びは慎重に行うべきです。
 
自分で工事を行うことも不可能ではありません。ただし、確実な方法ではありませんし、高いところで作業をする場合怪我をすることもあり得ます。そのリスクは負わなくても良いものです。